Side Menu
 
よしだ書道具店 | よしだ書道具店とは
1613
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-1613,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,

全てが簡単で手軽に揃う時代だから
今、少しだけ時間と気持ちを込めて墨を擦ろう

As everything is done easily and quickly in this era, why don’t we take some time and carefully grind an ink stick for writing.

現代のライフスタイルとよしだ書道具店

This is how Yoshida Calligraphy Tool Shop collaborates with modern lifestyle.
「子供の頃の書道って汚れるし面倒だし、決められた字を書いて楽しくなかった。」
そんな思い出のある方も多いのではないでしょうか。
でも大人になると、時々筆の文字が恋しくなったり、ご祝儀の袋を書きながら墨の字が書けたらよかったのにという機会があります。
さっと筆ペンで済ませられるものだけど、少しだけ時間と手間をかけて墨を擦って文字を書いてみませんか。
薄墨の柔らかい滲み、濃墨のかすれ、擦った墨の特有のむら。
そんな墨の一筆に気持ちを乗せてゆっくりと文字を綴る。
なんだかそれだけで気持ちが伝わる気がします。
“It’s a hassle to get dirty I calligraphy of childhood, was not fun writing a predetermined shape.” I think in many people with such memories. But when an adult, there is a chance of occasional or character becomes miss of the brush, to ink of character while writing a bag of congratulatory prize was good Once you write. But those which are finished in a quick brush pen, Do you want to write a letter by rubbing the ink over the only time and effort a little. Bleeding soft of Usuzumi, blurring of diagonal play, it rubbed specific unevenness of ink. Spell slowly character put the feeling in one stroke of such ink. Somehow I only feel that feeling is transmitted in it.
だけど、忙しい毎日の中で普段しまい込んでしまった道具を出したり、捨ててしまった書道具を再度揃えたりするのは、少し手間が掛かりすぎてしまう気がします。
少し今書きたい。生活にちょっとだけ書道を彩として取り入れたい。
現代の書道は、「もっと楽しく、手軽で、他では補えない味わいを表現する」そんなスタイルの書道や書道具が、今の世の中には必要なのではないでしょうか。

よしだ書道具店ではそんな気軽に扱える、楽しく始められる、それでいてプロも舌を巻くような書道具を開発していきます。

Leading a busy life, you may not want to crawl in the closet to prepare for writing or buy a full set of calligraphy tool to enjoy calligraphy writing for recreation. It is, however, too easy and lacking style to write with just a brush pen.

書道具へのきもち

Feelings to writing tool
店主の吉田史郎は、有田焼の絵付師の三代目として生まれ、筆に慣れる為に幼少の頃から書道の指導を受けて育ちました。長年培われた書道の経験と技術、そして書道への「好き」の気持ちから、現代のライフスタイルへの書道の提案を続けています。
店主の10年以上続けている書道教室では、「書きたい文字を書く」事を大切にし、書きたい文字の見本をその場で書いて見せて、それに習って書くという方法が基本です。教室の場所も、広い畳で大人数といった従来のものではなく、少人数制でカフェやバーで指導を行います。訪れて楽しい場所で、楽しく好きな文字を書く。趣味の方にも、書道初心者にも書道を楽しんで欲しいいう気持ちから生まれた現代の教室のあり方です。
The owner, Shiro Yoshida, was born a third generation earthenware painter of Arita ware. He received instruction of shodo, Japanese calligraphy, for mastering how to use a brush. His love for shodo pushed him to move forward and his ideas have been delivered to make a difference in today’s lifestyle based on solid techniques through years of experience.
元来、日本のものというのは、着物やお茶、花、もちろん書_道も少し手間のかかるものですが、そこには時間や空気を楽しんだり、手間をかける事で気持ちも込もっています。でも、手間は忙しい現代では避けられがちで、また、初心者の大きな壁にもなりがちです。
もっと気軽に楽しく生活に書道を取り入れてもらいたい。そのためには、まず手間の元の道具が変わればいいのではと考え、今の時代に寄り添った、書道具のあり方を模索しながら「手軽」で「シンプル」、「実用的」で「丈夫・簡単」でも「綺麗なデザイン」そんな欲張りな、文房四宝(ぶんぼうしほう)筆墨硯紙(ひつぼくけんし)を目指しています。
Shodo requires a little extra time and energy just like other traditional Japanese arts; tea ceremony, flower arrangement, kimono dressing. The extra time and energy we devote enriches our lives in many ways but at the same time they can be a hurdle for beginners to engage in those arts.

Thinking of the art of calligraphy as a part of our daily life, it should be simple and fun. In order to encourage people to easily start calligraphy, Yoshida Calligraphy Tool Shop decided to make changes in the tools mainly because that is what users put time and energy into. Seeking for a way for shodo culture to suit our modern lifestyles, we have been working hard to develop shodo tools to be easy, simple, practical, and sturdy in a sophisticated form.


X